スポンサーリンク

被リンク0、ドメインパワー0でも競合の多い育児ブログで検索順位は上がる!検索流入を増やすためのスモールキーワード選定

SNSフォローボタン
🐵ぱぱごりらをフォロー🐵

どうも!ぱぱごりらです。
育児ブログを運営されている方で、頑張って記事を書いても
なかなか検索されない、PV数が増えない!という方はぜ読んでみてください!

頑張って書いた記事が見てもらえない。

ブログを始めたばかりの方や、記事を書けども結果が出ない方の多くがこの悩みをお持ちだと思います。

今回はそんな方へ、私が実践し効果のあった対策をこのブログの
before-afterを交えながらご紹介します。

こんな方に読んでほしい!

・記事数ばかりが増えていきPV数が伸びない。収益が出ない

・サーチコンソールのグラフが全然上がらない

・SEO対策やキーワード選定という言葉は知っていても
 具体的に何をしていいかわからない

・ブログへの流入のほとんどがSNSからしかない

・収益化へのビジョンが見えない

スポンサーリンク

ぱぱごりらぶろぐの現在の状況

はじめに、私のブログについてお話します。

2021年8月末にブログを開設し、開設約1ヶ月半での状況です。

・総PV数…約4,600PV

・公開記事数…15記事

・Twitterフォロワー約1400人

・総収益…約5,000円

ブログを1ヶ月半運営した結果は上記のようになりました。

一見すると開設して1ヶ月半としては良い結果に見えるかもしれません。

しかし次の結果を見てください。

青色(Social)はTwitterで呟いたブログ記事のリンクからの流入。

緑色(Direct)はTwitterのプロフ欄に記載のlit.linkを経由しての流入。

そして今回の記事のテーマである、
検索流入はというと…

オレンジ(Organic Search)はなんと
全体の1.3%

つまりこのブログへのアクセスの約9割がTwitterからということになります。

スポンサーリンク

Twitterを使った集客

この結果からもわかる様に、このブログを見に来てくれた方のほとんどがTwitterからということになりますよね。

Twitterをブログへの集客ツールとして利用することは、
この結果を見ても効果があると言えます!

しかし!!

冒頭で示したグラフを見ると、日別のPV数がかなり上下しています。

Twitterを使ったブログ集客の難点!

PV数が下がっている日の原因は何なのでしょうか。

このPV数が少ない日。
実は仕事や家族でのお出かけなどで、

”Twitterをほとんど開けなかった日”
なのです。

私はそもそもTwitterを集客ツールとして考えていませんが、

結果として私のブログの閲覧数は、
その日のTwitterでの発言数やイン率に比例しているということがわかりました。

Twitterからの流入は、フォロワー数やツイート数に依存する。

このようにTwitterからの流入は

筆者(ぱぱごりら)が情報を発信し、

読者(フォロワーさんなど)が読んでみよう!と思うことで初めて成立します。

つまり、

情報の発信(ツイート)を
行わなければ読者は気づきません!

その結果Twitterからの流入は減り、 ブログへのアクセス はほぼゼロに!

スポンサーリンク

検索からの流入を目指す!

ここまでお話したとおり、私はブログを始めて1ヶ月半で

このままでは記事を書き続けても、
Twitterをやめたらアクセスはゼロになる!!

という事態になっていました。

力を入れて書いた記事はその人の商品です。

現在の状況は商品を片手に自ら宣伝し、売り歩いている状態になっているんですね。

当然ですが宣伝をしなかったり、売り歩くことを辞めてしまえば
この商品が人目に触れることはありませんよね。

どれだけ商品数(記事数)を増やしても、売り歩かなければ目に止まることはありません。

そのために今回は、
売り歩かなくてもいいようにお店を構えましょう!

というお話です。

育児ブログで検索流入を増やすSEO対策とは

ここまで説明したように検索からの流入を増やすには、

ただ漠然と記事を書いても無意味です。

SEO対策と呼ばれる
【検索で上位表示される為の対策】を講じなければいけません。

そしてこのSEOこそが全ブロガーの永遠の課題であり、
非常に奥が深いのです。詳しく学びたい方はこちらの書籍がおすすめですよ!

SEO対策について知りたい方におすすめの一冊。

ただでさえ難しいSEO対策ですが、

こと【育児】という分野においては、このSEO対策が特に難しい…。

その一番の理由はやはり競合の多さです。

ここからはこの競合の多い育児系の記事でどのように検索からのアクセスを増やすのかを
実例を踏まえながらわかりやすく解説していきます。

検索結果で上位に表示される対策とは

売り歩かなくてもいいように、お店を構えましょうと言いました。

しかしただ闇雲に出店してもお客さんが居ないところでは意味がありません。

私の場合は人里離れた超ド田舎にお店を出しているようなものでした。

それではお客さんにそもそもお店を見つけてもらえませんよね。

仮に運よく見つけてもらったとしても、

へえー。
こんな所にお店があるのかー。

これで終わってしまうことがほとんどです。

そうならないためには、、、

【お店の引っ越し】
人目に付くところ
   (検索上位)
      に出店し直そう!

人通りが多く、たくさんの人の目に止まるような場所へお店を移転することを目標にしましょう!

これが自分で商品(記事)を売り歩かなくてもいいようにする一番の近道です。

検索順位をあげるためには。

それでは検索上位を目指し、より多くの人の目に触れるためには
具体的にどんな事をすればいいのでしょうか。

明確な読者を想定したキーワードをイメージしよう。

”何が欲しいのかわからない人”
に商品を売り歩くのではなく、

”欲しいものが決まっている人”
に自分のお店を選んでもらう必要があります。

そのためには”自分のお店ではこんなものを売っているよ!”

とわかる【看板】を出さなければいけません。

この看板が【キーワード】です。

キーワード選定

この看板を出すという作業ですが、お客様にとってわかりやすい看板でなければいけません。

例えばあなたがカメラを買いに出かけたとします。

『〇〇電機店』という看板のお店と、
『△△カメラ店』という看板のお店がありました。

あなたはどちらのお店に入りますか?

〇〇電機店ではカメラも置いてありそうですが、他の家電などもありそうですよね。

一方で△△カメラ店は、カメラ関係の商品しか無いイメージを持ちませんか?

〇〇電気店ではカメラ以外を買いに訪れるお客様も多いはずです。

一方△△カメラ店ではカメラが欲しいお客様しか来ません。

これはブログそのものや、ブログ記事にも同じことが当てはまります。

更にわかりやすいように【育児ブログ】に置き換えてみましょう。

【育児ブログ】
という名前のお店(サイト)には

・0歳児向けの育児情報
・おすすめ知育玩具
・子供向け英会話教室レビュー

などなど、様々な商品が並んでいます。

そのため、”0歳児向けの育児情報”を買いに来る人や、”おすすめ知育玩具”を買いに来る人もいます。

このような様々な商品を扱っている【育児ブログ】という看板を
【ビックワード】と言います。

別々の目的を持ったお客様が来るので、客足は上々!いつも多くの人で溢れています。

そのため同じように【育児ブログ】という看板でお店を出す人が多いのです。

また特に育児というカテゴリに関しては
商品(記事)の作りやすさや、作れるジャンルの幅が広いこともあり競合店が多く存在します。

これに関してはこちらの記事に詳しく記載しています。
よろしければ併せてご覧ください。

私のブログも例に漏れずこの大手巨大ショップの数々の中に埋もれてしまい、
見つけてもらうことすら出来ませんでした。

この巨大ショップ群の中で目立つのは至難の業です。

そこで私は専門店を出す事にしました。

先ほどの例でいくと、
”0歳児向けの育児情報”だけを
扱った専門店です。

このように検索する際にスペースを入れて2番目に来るキーワード

更に販売する商品を絞った
【”0歳児向けの育児情報”専門店】のことを

【ミドルキーワード】と言います。

専門店化すると、その商品が欲しい人しか来ません。

そのためビックキーワードに比べると全体的な客足は劣ります。

しかしその反面、競合店が少なくなるため、お客様に来て頂ける可能性は高くなります。

このようにブログサイトの制作や、記事の作成をする際にもより専門性の高いキーワードを選べるかどうかが重要になります。

しかし残念なことに、

育児ブログに関してはこのミドルキーワードでもかなりの数の競合がいます。

そのためなるべく競合の少ないキーワード選定がPV数を増やすために必須なのです。

育児ブログではスモールキーワードで上位を狙う!

そして更に更に先ほどのミドルキーワードからより専門性を高くした

【スモールキーワード】というものがあります。

ビックワード
【育児ブログ】

ミドルキーワード
【0歳児の育児情報】

スモールキーワード
【哺乳瓶の消毒方法】

このように”0歳児の育児情報でも、
”哺乳瓶の消毒方法”について書かれた記事を見たい。

ミドルキーワードよりも更に客層をしぼったもの
具体的には検索結果が1000件程度のものを
【スモールキーワード】と言います。

育児ブログは稼げない?の記事にも記載していますが、育児ブログという巨大カテゴリでしっかりと収益をだしているトップブログは、

この【スモールキーワード】で検索上位の記事を量産しています。

つまり、【育児ブログ】というビッグワードで検索上位を取れなくても、
安定したPV数と、安定した収益を獲得できるのです!

スモールキーワードを意識したリライト

キーワードを意識したリライトをするにあたって
私はまずサーチコンソールを開き、上位のクエリを確認しました。

人里離れた超ド田舎に出店していても、運よく検索に表示されことが数件あったのです。

そして奇跡的に検索に表示された記事は、
メルちゃん・ぽぽちゃんの比較をテーマにした記事でした。

この記事はキーワードなど全く意識をせずに書いた記事でしたが、

このように検索をした方に奇跡的にヒットしていたのです。

そこで私はこの記事をリライトすることにしました。

step1検索キーワードを調べる

リライトを始める前に、どんなキーワードを入れるべきかを調べました。

キーワード検索数 チェックツール|無料SEOツール aramakijake.jp
検索数予測(アクセス数比較)ツールなどの...

こちらの無料サイトを利用し、【メルちゃん ぽぽちゃん】で調べてみます。

するとこのような結果が出ました!

メルちゃんとぽぽちゃんの【服】について調べる人や、

【比較】、【人気】、【大きさ】など

よく検索されるスモールキーワードが表示されました。

このスモールキーワードを記事の見出しなどに入れながらリライトをします。

step2 実際にリライトしてみた

先ほど調べたスモールキーワードを元にリライトした記事が以下の記事です。

こちらの記事の目次を見てみましょう。

見出しの中に先ほどのスモールキーワードを入れました。

リライト例↓↓

リライト前
②メルちゃん・ぽぽちゃん それぞれのサイズは?

リライト後
②メルちゃん・ぽぽちゃん サイズの違いは?

リライト前のこの見出しのタイトルは、

②メルちゃん・ぽぽちゃん それぞれのサイズは?

というタイトルでした。

このままだと検索に引っかかるのは【サイズ】というキーワードだけになります。

ここに【違い】というワードを入れると、

【メルちゃん ぽぽちゃん 違い】
【メルちゃん ぽぽちゃん サイズ】
【メルちゃん ぽぽちゃん サイズの違い】

というように、検索でひっかかる可能性が増えます。

このように不自然にならないようにキーワードをちりばめていきます。

意識して入れた2つの
スモールキーワード

【人気】【違い】

この2つのスモールキーワードを見出しに入れつつ、それに付随するミドルキーワードも入れてみます。

【価格】【違い】

【大きさ】【違い】

【人気】【お世話人形】

といった具合です。

そうすることでミドルキーワードにも引っかかるチャンスを増やすことができました。

リライトの結果

リライトを行ったのが、2021年10月12日です。

そしてこちらはその3日後の10月14日のサーチコンソールの画面になります。

表示回数、クリック数ともに爆発的に上がりました!

1日あたり1.2回程度だった表示数が、14日は25回に!

目に見えて成果がわかりますよね。

実際に【メルちゃん ぽぽちゃん 比較】で検索をしてみると…

なんと15番目に私の記事が!!

順位チェック(検索順位チェックツール)|SEOチェックのためのSEOツール集 ohotuku.jp
キーワードに対しての検索順位 Google(100位まで&#6528...

こちらのサイトでリライト前に順位を調べていました。

リライト前は53位!

53位から一気に15位まで上がることができました!

キーワードを意識するだけでここまで変わるんですね!

検索上位記事から読者を流す

そしてリライトの際にもうひとつ実験を行いました。

サーチコンソールの上位のクエリに
【ぽぽちゃん 髪 サラサラ】というワードでの表示履歴がありました。

私はリライトと同時進行でボサボサになったお人形の髪の毛のケアを題材にした記事を書きました。

こちらの記事をリライトした記事に内部リンクとして載せると、驚きの結果が出ました。

この髪の毛のケアの記事自体の検索順位は40位程度です。

検索からの流入はほぼ見込めません。

それでも検索15位の記事内のリンクからアクセスされることで、

人形の髪の毛ケアの記事のPV数は順調に伸びているんです!

内部リンクを効率的に貼ることで、
ブログ内でユーザーが回遊するという現象が起こります。

今後はこの内部リンクをうまく活用し、全ての記事に広告を入れるのではなく、

検索上位記事からアフィ記事にユーザーを流す

ということを意識した記事を作っていこうと思います。

育児ブログは稼げない?の記事でも触れていますが、
育児ブログのトップブロガーのブログには
ほとんど広告がありません。

うまく広告のある記事へ誘導し、収益に結びつけている形です。

こちらを参考にしながら記事数を増やしていこうと思います。

検索上位(10位以内)を狙うには

先ほども述べましたが、”検索10位圏外”と”10位以内”では非常に大きな差があります。

検索上位を狙うにはやはり、被リンクやドメインパワーといったものが重要になってきます。

ただ今回の私のように、検索結果の絶対数
つまり競合が少ないキーワードを選ぶことで、被リンク等が無くても
10位以内を取ることは可能だと思います。

実際にこの記事は公開当初検索4位を取ることができました!

しかし定期的にリライトを重ねなければ順位はすぐに落ちてしまいます。

それでもキーワードを意識するだけで順位は必ず上がります!

育児ブログで伸び悩む方は、

ぜひ【スモールキーワード】を意識した記事づくりをされてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました