スポンサーリンク

いま話題のサブスク。サブスクって一体なに?

SNSフォローボタン
🐵ぱぱごりらをフォロー🐵

最近よく耳にする「サブスク」という単語。

聞いたことありますか?

私たちの生活のなかで最近耳にすることの増えた「サブスク」

聞いたことはあるけれど、一体サブスクって何!?
という方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな「サブスク」を理解し、うまく活用していくために
メリットとデメリットを紹介しながら説明していきます。

スポンサーリンク

サブスクとは?

「サブスク」とは
サブスクリプションサービスの略です。

「サブスクリプション」とは、サービスや製品などを
一定期間利用するためにお金を支払うことを指します。

といってもイメージが湧きませんよね。

簡単に言えば

サブスクとは
【定額制】や【月額制】のサービスのこと

近年では動画配信サービス(NETFLIXやAmazonPrimeなど)
が日本国内でリリースされて以降、たくさんの分野で
サブスクのサービスが展開され始めています。

スポンサーリンク

どんなサブスクがあるの?

日本ではサブスク型動画配信サービスを皮切りに、
現在は多くのサービスが増えてきています。

具体的にどのようなサービスがあるのか見てみましょう。

・動画配信サービス
・音楽配信サービス
・洋服やバックなどのレンタルサービス
・カーシェアサービス
・玩具のレンタルサービス

といったように現在では様々なサブスク型サービスが増えてきています。

スポンサーリンク

今なぜサブスクが増えてきているのか。

音楽配信を例に考えてみましょう。

従来の音楽配信サービスでは1曲数百円という形でダウンロードする形が一般的でした。

しかし現在では月額料金を支払うことで聴き放題という形が主流となりました。

この音楽配信や動画配信のサービスに関してはスマートフォンの普及により、
サブスクの市場が伸びています。

好きなものを単品で買う時代から、
月額料金を支払ってより多くの選択肢から
自分の好みを見つけるというスタイルへと変化してきています。

まさにこれがサブスクが流行っている理由です。

今後も5Gの普及により、更にサブスク型サービスの市場は伸びていくことが予想されます。

サブスクのメリット

ではどうしてサブスクサービスが台頭してきたのか。
サブスクのメリットを見てみましょう。

・利用頻度が高いほどコスパが良い

サブスクは定額で利用し放題のため、使えば使うほどお得になります。

多くのサブスクサービスには無料お試し期間が設けられています。

そこで自分にとって興味のあるコンテンツが揃っているか、
利用し放題を活かせるのかを判断することが可能です。

音楽配信サービスを例に挙げると

音楽配信サービスでは月額1,000円が相場となっています。

普通にシングルCDを1枚購入すれば1,000円程度。

1曲ダウンロードすれば250円程度という事を考えれば、
月額1,000円で世界中の数千万曲が聞き放題!となれば
サブスクに登録する理由がわかりますよね。

・登録・解約が簡単

ほとんどのサブスクサービスはネットで簡単に申し込み・解約ができます。

始めるときは気軽にスタートでき、自分には合わないと思えばすぐに解約できます。

解約も制限なくすぐにできるため、損しないという点でも魅力的です。

また、サブスクではお試し期間として無料期間を設けているものが多くあります。

このお試し期間を利用して自分にとって興味のあるコンテンツが豊富か、
利用し放題を活かせるかを判断することができます。

・新しいコンテンツを発見しやすい

定額制ということを活かし、これまで試したことのなかったコンテンツに手を出しやすいという点もサブスクの魅力です。

動画配信を例に挙げても、定期的に新作が更新されていきます。

企業側としても月額制のため、飽きて解約されないように定期的に内容を更新していきます。

そのためこれまで興味がなかったジャンルの映画・アニメ・ドラマなどに出会える可能性を秘めています。

サブスクのデメリット

これまで記載したとおり、サブスクには多くのメリットがあります。

ここからはサブスクをよりお得に利用するために知っておくべきデメリットを紹介します。

・利用していない期間も固定費が発生する

どれだけ利用しても定額という点がサブスクの1番の魅力ですが、
逆にどれだけ利用していなかったとしても定額で料金が発生します。

サブスク全般が手軽な金額で始められてしまう分、様々なサブスクに登録してしまい、
利用頻度が低いものでも一定の金額を払い続けてしまう恐れがあります。

結果として月の固定費が高額となってしまうというケースに。

定期的に自身の利用頻度を見直し、利用頻度の少ないサービスは解約する必要があります。

・解約すると手元に形として残らない

サブスクは商品を手にするのではなく、【利用する】ために料金を支払います。

音楽配信を例に挙げると、1曲単価で料金を支払いダウンロードしたものは形として残りますが、サブスクの場合は形として残ることはありません。

いままで聴けていた音楽が聴けなくなってしまうというデメリットがあります。

・不要なコンテンツが含まれている場合がある

動画配信や音楽配信などのサービスでは、自分の興味のあるものに限定してサービスを受けられるわけではありません。

まったく興味のないコンテンツも含めて一律の料金を支払わなければなりません。

しかし見放題・聞き放題のサブスクでは課金型に比べ、興味がなかったものにも気軽に視聴できるため、自身の興味の幅を広げるきっかけになるため、デメリットもメリットとして捉えることもできるでしょう。

主なサブスクサービスの例

サブスクの代表例としてユーザー数の多い、3つのサービスを紹介します。

動画配信サービス

月額制でドラマ・映画・アニメなどを気軽に楽しめるサービスです。

事前にダウンロードすることで、ネット環境がない場面での視聴できる点も魅力的です。

おうち時間が増えてきている昨今、自宅での時間を充実させてくれます。

音楽配信サービス

月額制で音楽が聴き放題のサービスです。

こちらも動画配信と同様、ダウンロードしてオフラインで楽しむことができます。

音楽をよく聴く方や、幅広い音楽を楽しみたい方にはおすすめのサービスです。

電子書籍

月額制で小説・漫画・雑誌などが読み放題となるサービスです。

読書は好きだけれど何冊も購入するには金額がかかる、
購入しても置く場所に困るといった方におすすめです。

もちろんダウンロードしてオフラインでも楽しむことができます。

サービスの新しい形【サブスク】

ここ数年でサブスクの市場は大きく伸びてきています。

使い方次第ではとてもお得にサービスを受けることのできるサブスク。

メリットとデメリットを把握したうえで、サブスクをよりお得に使ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
ぱぱごりら
🐵ぱぱごりらをフォロー🐵
未分類
シェアする
サブスクLIFE
タイトルとURLをコピーしました